×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目線絵を嫌う人

目線絵を嫌う人(61)
更新日:2014/9/22
カテゴリー:百合
前の記事/次の記事
せっかくの「百合ん百合んな日常」なので、百合絵の話でもしましょうか。
百合画像スレなどでよく見るのが、「目線絵目線絵」と叩きまくる人。
何が気に入らないのかというと、キャラの目線がこちらに向いていること。
キャラがこちらを見ているだけで、まるで親の仇かのように叩きまくるわけです。
もちろん彼らなりの理由があるわけですが、まずは百合好き男子(百合男子)の心理の話をしておきます。
我思う、故に百合あり。だがそこに我、必要なし。
漫画「百合男子」のキャッチコピー。今回注目するのは後半部分。
百合男子は百合を大切にします。
女の子同士の絡みは尊いものです。
例えばアニメを見ていて無駄に絡んでくる男キャラに嫌悪感を覚える。これが百合男子の第一段階。
そして目線絵叩きはその延長線上にあるわけです。
つまり、視線の先に第三者の存在を示唆しているものであり、それは画面の前の自分であるということを意識したとき、自分が百合を汚してしまったような罪悪感に襲われるのです。
百合男子はあくまで女の子同士の絡みを尊び、そこに男は不必要な存在として見なされます。
それは例え自分であっても変わらない。そうした嫌悪感を避けるために目線絵を嫌うのです。
気持ちは分からなくはないんだけどなあ。やりすぎなんだよなあ。
とりあえず作ってみただけ。
詳しいことは左の黄色い所にリンク置いておきます。
CCGXK

下にある広告は仕方ないの。