×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

題のある日記

題のある日記(75)
更新日:2014/11/11
カテゴリー:その他
前の記事/次の記事
題名のある日記を書くのはなかなか大変で、今からでも題無し日記(?)に移行したいと思ったりしてるCCGXKです。
日記に題をつけるのはなかなか大変で、例えば今日の日記を書くと

前から興味のあった坂口安吾の作品をいくつか読み漁ってました。といっても青空文庫で短編数本だけどね。
で、なんで安吾先生の作品が気になったかというとヒロポンなんだけど、あの覚醒剤のヒロポンね。いや別に使いたいって訳じゃないから。
戦中から戦後にかけての日本で覚醒剤ヒロポンがどのように利用されたかっていう。個人的興味ですはい。
まず安吾巷談01ってのを読んで反スタイルの記を読んであと一本読んだはずだけど忘れた。
まず「とにかく、きく。」まあ効くんだろうね。安吾先生流ヒロポン摂取法とか書かれてて面白いんだけど現代には全く役に立たない知識だね。歴史的資料としては大変興味深いけど。
なんかヒロポンヒロポン言ってたけどやりたい訳じゃないからね。勘違いしないでよね。通報とかやめてよね。

・・・文章の出来はさておき、こんな感じで今日あったことをぐだぐだと報告する感じになるはず。
さて、この日記に題を付けるとなると「坂口安吾読んでみた」とかそういった雰囲気になりそうだけど、青空文庫に公開されている文章が440、そのたった数本読んだくらいでそういう題もなー、と思うし。
そもそも堕落論読んでない時点で何やってんだお前って飛び下痢食らうレベルだし。
というわけでその題は不的確。ただ他に良い題も浮かばないし、話題が二転三転するようなものだと手もつけられないわけで。
なんかもうサイト作り直した方が早いね。テーブルレイアウトだし。
とりあえず作ってみただけ。
詳しいことは左の黄色い所にリンク置いておきます。
CCGXK

下にある広告は仕方ないの。