×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

何故オタクはオタクであるのか

何故オタクはオタクであるのか(26)
更新日:2014/7/8
カテゴリー:その他
前の記事/次の記事
部屋の掃除をしていたら、映画の半券を発見した。
半券を発見した。(ここ重要)
新宿の映画館(バルト9じゃないとこ)の「劇場版魔法少女まどか☆マギカ新編叛逆の物語」。
2013/10/27 08:50〜だから公開翌日の朝一番。
懐かしいなー、前日はネタバレ回避であんまりネットやってなかった。
いやー、すごく良い作品だったね。
まどマギはマイ・アニメ・ライフに円盤購入という新しい流れを作った作品。
まあ、初めて定価で買った円盤。ちなみに中古だと機動戦士ガンダムMS IGLOO黙示録0079の一巻。
IGLOOはGジェネで知ったけどね、あの訳のわからない兵器たちは良かったね。
一番好きなのはオッゴ。理由?好きな物に理由などいらない。
いろいろ書いたけど、ちょっと「オタクは何故オタクか」について考えたことを書いてみる。
ちなみにアニメとかアイドル系のオタクね。
話題転換が急なのは許して。
結論から言うと、「コミュニケーション不足」ではないのかと。
特に異性とのコミュニケーションの経験が少ないから、同性(=男性)に対しての嫌悪感ばかりが募って、異性(=女性)だったり非現実(=二次元)に対する期待感だったり完璧感を求めている。
だから結婚だとか現実的な話が出ると激怒するし、
作画崩壊だとか完璧感が崩れると激怒する。
・・・最初は何故百合好きが百合好きなのかを考えてたんだけどなあ。
※これは個人の感想です。
とりあえず作ってみただけ。
詳しいことは左の黄色い所にリンク置いておきます。
CCGXK

下にある広告は仕方ないの。